剣道部時代の筋トレ体験談

剣道部時代の筋トレ体験談

私は高校時代、剣道部に所属していました。

 

高校生とはいえ、筋肉が育つ大切な時でしたから、部活では筋トレも行われていました。

 

学校にはバーベルや筋トレを行うスペースが用意されており、そこでは各種バーベル、腹筋用の器具など、様々な物が置かれており、筋肉が付きにくかった私でも筋肉が付いてくるのが実感できるほどでした。

 

まず、最初に行ったのは筋トレをするための筋肉をつけるところからでした。

 

走り込みや腕立て伏せといった基本的な筋トレを30分ほど行い、柔軟体操も行った後でバーベルを使った筋力アップに励むことになりました。

 

最初に持ち上げたのは20kgほどのバーベルです。

 

それを使って持ち上げて腕の筋肉と腰回りの筋肉を付けることを重点的に行いました。なぜなら私は背が高く、183cmあったため、腰がどうしても弱くなるのです。

 

腰回りに筋肉を付けておかないとヘルニアの原因になったりもしますので、特に腰近辺には気を遣いました。

 

あとは背中の背筋です。腰回りももちろんのこと、何かを持ち上げたりするのは背筋が物を言います。

 

ですので、背筋を鍛えておくと、背中の筋肉が断裂しなかったり、体全体を保つ筋肉や骨をガードできるので、筋肉が成長期にある高校生時代にこれらのことを行っておいたことは、私にとってかなりのトレーニングになりました。