筋トレの極意

歳を取るごとに筋トレを休む日が大切になってきます

健康の為にと衰えてきた体にムチ打って40代や50代から筋トレを始める方が多いです。

 

国や政府、また、地方自治体からも筋トレをして健康体になりましょうと宣伝してることも影響しています。

 

筋トレをすること自体は問題ないですが、その程度です。どんなに軽い筋トレであっても筋肉を休ませる必要があります。

 

年齢が高ければ余計に筋肉を休ませることを考慮して筋トレメニューを作成していきます。

 

なぜなら、筋肉とは大きくはなりますが、増えるわけではないからです。

 

筋肉の繊維が筋トレにより刺激を受けて太くなっていくのです。

 

 

筋トレにより筋肉の繊維が切れた状態になります。その切れた繊維が修復した時に太くなります。

 

つまり、修復するまでの時間をきちんと取ってあげる必要があります。

 

そうでなければ、まだ修復してない段階で筋トレをすると、怪我の元になってしまいます。

 

これでは、筋トレすることが本末転倒です。

 

簡単な方法であれば、負荷をかけた筋トレをする場合には、同じ箇所を連日でしないことです。

 

これはその負荷の程度にもよります。

 

 

ただし、慣れないうちは、必ず筋肉痛になっている状態でしょうから、同じ箇所をせずに、日ごとに筋トレする部位を変えるのが無難です。

 

筋トレに慣れてくれば、同じ箇所でも連日することも可能です。

 

これは、自分の体の調子を見て調整します。

 

どんなに筋トレに慣れてきたといえど、筋肉を休ませて筋肉が成長する時間を与えてあげる必要があるのは、常に頭の中に入れておくべきです。

 

特に歳がいってから筋トレを始めた方は、筋トレを休む日を上手く調整していくことが大切になってきます。

 

また、筋トレをするなら筋肉の成長、筋肉の疲労回復に効果的なプロテインなどのサプリメントも重要になってきます。

 

筋トレ初心者から中級者におすすめのサプリメントが、タブレットタイプで飲みやすいビルドマッスルHMBです。

 

口コミで話題の筋トレ初心者におすすめのビルドマッスルHMB